Menu

不動行光

古来より日本刀は英傑たちとの関わりのあるエピソードが数多く伝えられているという。

本項ではそのようなエピソードを、戦国武将たちを中心にいくつか扱っていきたい。

「不動行光(ふどうゆきみつ)、九十九髪(つくもなす)、人には五郎左御座候(ごろうざござそうろう)」 宴席でご機嫌になった織田信長(おだのぶなが)は、膝をたたきながらよくこんな歌を唄ったという。物や人を問わない信長のお気に入り三品の歌と考えられる。

詳細は、「九十九髪」は室町幕府第三代将軍である足利義満(あしかがよしみつ)から続く唐物(からもの)の名器・九十九髪茄子茶入(つくもなすちゃいれ)、「五郎左」は信長の小姓(こしょう)上がりの重臣・丹羽五郎左衛門長秀(にわごろうざえもんながひで)、そして、相模(さがみ)国(神奈川県)の刀匠(とうしょう)・藤三郎行光(とうさぶろうゆきみつ)による短刀「不動行光」。信長自慢の宝である。ある日信長は、戯れに小姓たちを集めていった。「この刀の鞘の刻み目の数を当ててみよ。みごと言い当てた者には、褒美として不動行光をやろう」ざわめき立つ小姓の中で、ただ一人、森蘭丸(もりらんまる)だけは口を聞かなかった。 「どうした。蘭丸」とたずねると、「私はいつも信長さまが廟(かわや)に立つときにこの刀を預かっておりますゆえ、鞘の刻み目の数を知っています。知っているのに答えるのは不公平にございます」と答えた。蘭丸の正直さに感心し、信長は、大切にしていた不動行光を与えたという。