Menu

日本刀鑑賞

日本刀は、世界に誇る鉄の芸術品ともいわれている。刃紋の美しさ、姿かたちの精悍さ、鍛え抜かれた地鉄にあらわれる模様の優美さ……。
これら鑑賞のポイントを知れば、ますます日本刀が面白くなることだろう。
日本刀にまつわるさまざまなエピソードから、日本刀の面白さを知っていただけたことと思うが、やはり、その姿についての話を抜きにしては、日本刀を語ることはできない。本項では、日本刀の魅力をさらに知っていただくために、鑑賞のポイントを説明していくことにしよう。まずは「造り込み」といって、反りの様子や鏑(しのぎ)の有無など、刀身全体の「形状」から知っていこう。
・平造【ひらづくり】
錆がなく、包丁のように刀身の両面が平面になっている。
・切刃造【きりはづくり】
鎬が刃に寄っており、刃先までの勾配が急なのが特徴としてあげられる。反りのない直刀に多く見られる。
・鋒両刃造【きっさきもろはづくり】
鋒から半分くらいまでが両刃になっているもの。
・鎬造【しのぎづくり】
鎬が入り、横手をつけて鋒を形成する。日本刀の代表的な形。
・両刃造【もろはづくり】
左右に刃を入れた造り込みで、短刀によく見られる。
・菖蒲造【しょうぶづくり】
鋳造の横手がないもの。短刀や脇差に多く見られる。
・おそらく造【おそらくづくり】
刀身の半分ほどに横手があり、鋒が大変大きい。
・冠落造【かんむりおとしづくり】
棟(むね)の上半分を薄く削いだ造りこみ。大和(やまと)伝の作によくみられる。
・鵜の首造【うのくびづくり】
冠落造と同じく、棟の上半分を簿く削いだものだが、先端だけ、厚みを残している。