Menu

村雨

0 Comments

村雨は滝沢馬琴の 『南総里見入犬伝』に登場する想像上の太刀である。実在し
ない日本刀だが、日本人にはおなじみの、あまりにも有名な太刀であるため、ここで簡単に触れておこう。 むらさめいぬづかしの 「村雨」あるいは「村雨丸」といわれるこの太刀は、八犬士の一人・犬塚信乃が所 持する宝刀である。その最大の特徴は、「抜けば玉散る氷の刃」といわれるように、 鞘から抜けば刀身は水気を帯び、血糊が洗い流されて斬れ味がまったく落ちないと ころにある。この刀を利用して、村雨を振るって敵陣のかがり火を消したり、山火事を鎮めることもあった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です