Menu

「匂」マルテンサイトの輝き

0 Comments

日本刀を鑑賞するときの専門用語として「匂」という言葉があります。日本刀の素材である鉄に、艶のある輝きに魅了されているうちに、地刃の境目が光ることを「匂」と名付けたのは、とても的確な表現だと思います。「匂」という表現は、室町時代の後期に生まれたと考えられています。日本刀の目利きについて書かれた書物の中に「にほやか」という表現があり、このころは日本刀を鑑賞するための専門用語が増えてきました。

「匂」の出来のいい綺麗な名刀を実感するときは、日本刀に不思議な風情や懐かしさを感じ、手に取ったときに鉄という素材の冷たさは感じないそうです。日本刀自体が、手を通して体に染み込んでくるように感じ、一体感すら覚えるのです。日本刀の柔らかい地肌は、まるで深い底を持つ静かな湖畔の水面に、朝の日の光を映して白く見えるような感覚です。

「沸」も「匂」も、鋼の組織の一部であるマルテンサイトの結晶体です。ただ、「沸」と「匂」の違いは、肉眼で明確に焦点があう大きさの結晶体を「沸」と呼んで、それよりも細かくなる結晶体を「匂」と呼んでいるそうです。しかし、目利きについて書かれた書物では、「沸」と「匂」という言葉を用いて、日本刀を細かく表現しています。

もしも、日本刀を鑑賞するときに専門用語である「匂」という言葉がなかったとしたら、刃文の表現にどことなくもどかしさを覚え、的確な表現でなくなっていると感じると思います。ある名工は「匂」の美しさを得意としていて、その名工の日本刀は、きらびやかで美しい丁子のような模様と表現されています。このように、「匂」という表現は、日本刀を鑑賞する上で必要不可欠な言葉なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です