Menu

短刀とはどのような刀か

0 Comments

短刀とは一尺以下の刀を指します。

・会津新藤五(あいづしんとうご)
相模の新藤五国光による短刀で、最高傑作だと言われています。
会津九十二万石を領していた蒲生氏郷が所持していたため、こう呼ばれるようになりました。
平造りで三つ棟、重ねやや厚く、内反り。
刃文は、焼出しの部分は細く、上は次第に刃幅を増し、概して中直刃である。
国宝に指定されています。
ふくやま美術館に所蔵されています。

・日向正宗(ひゅうがまさむね)
無銘だが、相州正宗による短刀です。
水野日向守勝成が所持していたため、こう呼ばれるようになりました。
平造りで三つ棟、無反り。
刃文は、湾れに互の目交じり、大きく乱れ、金筋かかる。
国宝に指定されています。
三井記念美術館に所蔵されています。

・厚藤四郎
粟田口吉光による短刀です。
鎧通しと呼ばれる短刀で、重ねが厚いため、こう呼ばれるようになりました。
平造りで、刃文は直刃に乱れまじり、裏には焼き落としがある。
国宝に指定されています。
東京国立博物館に所蔵されています。

・後藤藤四郎(ごとうとうしろう)
粟田口吉光によるやや大ぶりの短刀です
江戸時代の金座の元締・後藤庄三郎が所持していたため、こう呼ばれるようになりました。
平造りで三つ棟、身幅は広目にして重ね厚く、先の方は内反る。
刃文は、広直刃調に浅く湾れ、小互の目と小丁字ごころの刃連れて交じっています。
国宝に指定されています。
徳川美術館に所蔵されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です