Menu

スサノオの剣

0 Comments

スサノオがヤマタノオロチを斬った「天羽々斬」と呼ばれた十拳剣(とかのつるぎ)が納められた備前国一宮の石上布都魂神社(いそのかみふつみたまじんじゃ)の現在の祭神は素斐鳴尊(すさのおみこと)です。
しかし、明治以前は「布都御魂」であったと伝わっています。

神武を救った「布都御魂」が「天羽々斬」と同一もしくはそれに関係している剣だとすると、神代三神剣はいずれもスサノオの剣ということになります。
もしそうであるならば、この三神剣の存在が「真のスサノオの正体」というものをメッセージとして発信しているように思われます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です